軽快なマーチもウクレレでよく演奏されます。
右手の親指と人差し指を使ったアルベジオやトリプルストロークを習得するとウクレレ演奏がグッと楽しくなります。
Caravan
映画「卒業」の主題歌に使われた、サイモン&ガーファンクルの有名曲。
2人のハーモニーが活きるシンプルなメロディが素晴らしい
メロディがシンプルであるほど、インストルメンタルで演奏するのは工夫が必要になる。
デモ演奏では、ストロークを交え、抑揚をつけて演奏している。
1981年の角川映画「ねらわれた学園」の主題歌であり、松任谷由美のヒット曲でもある。
ほんわかした感じがウクレレととても合うと思う。可愛い音色のコンサートウクレレを使っている。
ちなみに同事上映は「ブルージーンズメモリー」です。
大きな玉ねぎの下で
Kaimana Hila
ひかるかいがら
それなりに古い曲なのに、意外に若い人も知っている曲。太田裕美の歌は爽やかな印象だが、
椎名林檎がドスの効いた巻き舌でカバーしている。歌詞が手紙のように対話形式になっていて、改めて聞くとなかなか斬新。
太田裕美バージョンを意識してアレンジしてみました。
ジェイク・シマブクロがディズニーの音楽をカバーしたアルバムで演奏している。。
ハワイアンバンプを取り入れたアレンジが面白ろい。
オリジナルはアンサンブルの中で単音メインで弾いているが、一人でも楽しめるよう、ストロークソロにアレンジしてみた。

デューク・エリントンと彼の楽団のトロンボーン奏者ファン・ティゾールによる1935年の曲。
ナットキング・コールも歌っているスタンダード・ナンバー。
ストレイ・キャッツのギタリストであったブライアン・セッツァーがブライアン・セッツァー・オーケストラで演奏している。
その演奏がカッコいいので参考にしつつアレンジしてみた。


「枯葉」の名で知られるジャズ・スタンダードの代表曲です。
メジャーキーとマイナーキーの基本進行が学べるので、入門曲としてよく取り上げられる曲でもあります。


1920年代という大昔の歌であるが、ベット・ミドラーが“Bathhouse Betty”というアルバムで取り上げたりもしている。
ウクレレを持ってビーチに集まってくる女の子を歌った可愛い歌で、本来はバースも付いている。
ずっと前に多分20年代の古い音源(行方不明)を聴いてカバーしたことがあり、その録音を見つけたので改めて弾いてみたもの。
1975年のオリビア・ニュートン・ジョンのヒット曲。CM等で流れていたので、耳にした人も多いと思う。Mellowとは和らいで円熟した様子の
ことで、気持ちが和らいだり、歌を歌って幸せを感じたことはあるの?と人生にスローダウンを促す優しい曲。
Gershwin兄弟による、ミュージカル「Girl Crazy」の挿入歌。“みんなラブソングを書いているけど、でも僕の為じゃない。空には
ラッキー・スターがあるけど、でも僕の為じゃない…。”という綺麗なメロディの割にシニカルな歌。チェット・ベイカーの甘い歌が最高。
木綿のハンカチーフ
All Of Me
Hilo March
蕾(つぼみ)
コブクロの楽曲です。生徒さんから「やりたい」という声も上がるのでアレンジしてみたのですが、
音域が広くちょっと難しいところもあります。メロディの中で1音だけ、本来は3弦解放の下のBの音がありますが、
高い音が13フレットまでいくので、キーは上げず、その音をDに変えています。ウクレレにもなかなか会う曲ではないでしょうか?
ディズニー映画「リトル・マーメイド」の挿入歌。
グループレッスンの課題曲にアレンジしたが、ソロにアレンジし、さらにそれをストロークソロ風にプレイしたら
楽しかったので録音してみた。イントロではハイGの特色を活かして早いフレーズをアルペジオで演奏している。
スザンヌ・ヴェガのヒット・ナンバー。内容は児童虐待に関するシリアスなものなので少々不謹慎ではあるが、
プロモーションビデオの、前髪パッツン、太い眉、マニッシュな装いの彼女に胸をときめかせた人も多いのでは。
レッスン生大募集中!
お電話でのお問合せ 03-3436-2440
メールでのお問合せ info@classhilo.com
浜松町・大門・芝公園のウクレレ教室「クラス ヒロ」のホームページ
山崎まさよし作曲、元ちとせ歌のこの曲は、人気のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロがカバーしています。
ジェイクファンの生徒さんのリクエストで、ジェイク風ウクレレソロ・バージョンにアレンジしました。
Bye Bye Blackbird
グループレッスンのアレンジ
デモ演奏
個人レッスン生のデモ演奏
Ukulele Lessons Class Hilo
ウクレレレッスン「クラスヒロ」
東京都港区芝大門2-1-13 TSビル3F

03-3436-2440
info@classhilo.com
Copy Rights Ukulele Lessons Class Hilo
カイマナ ヒラ=ダイヤモンド・ヘッドのことを歌ったハワイアンソング。
短いコーラスを何番も歌う構成なので、歌の場合はいいが、インストゥルメンタルで演奏する場合は
同じ事を繰り返しても飽きてしまうので、そういう意味では難しい曲。
コーラスをつなぐ部分(ハワイアンバンプ)もバリエーションを変え、4コーラス演奏しています。
キース・ジャレットの軽快なピアノやジュリー・ロンドンのまったりとけだるい歌が素晴らしい名曲です。
“Blackbird”は“暗い生活”の暗喩で、よい意味で使われていません。
そういうものから“Bye Bye”
して“Bluebird”のもとにゆく、という内容の歌です。
面白いところでは、ピーター・ジャクソン版映画「キングコング」で使われたりしていました。
ストロークを多用して演奏しています。
Autumn leaves
Ukulele Lady
Honesty
But Not For Me
The Sound of Silence
爆風スランプのヒット曲。前半はきれいなメロディが活きるよう、アルペジオを多用してアレンジしてみた。サビはシンプルだが
16分音符が続くのでしっかりピックングすることが必要な曲である。
Under The Sea
TOP > デモ演奏

アクセス
レッスン開始までの流れ
レッスン料&時間
レッスンのコンセプト
クラス ヒロについて
ビリー・ジョエルの名曲。愛を得るのは易しくても、正直さを見つけるのは難しい。「誠実」とはなんと空しい言葉だろうか…。という
浮世をはかなんだ切ない歌。きれいなメロディーがウクレレに合う。弾きやすいアレンジにしてみた。
今月の1曲
守ってあげたい
インストラクターのデモ演奏
曲名をクリックすると音声ファイルが再生されます。
【過去の曲はこちら
Peter, Paul & Maryのヒット曲。タイトルにあるようにパフとは魔法の竜の名前。ジャッキー・ペーパーという男の子と想像の中で
冒険をするが、少年が想像の中で竜と遊ぶような年齢でなくなると、一人ぼっちになり洞穴にこもって泣いてしまうという、抽象的で
少しメランコリックな、でも可愛い歌である。歌は何コーラスもあるのだが、インストなので途中アレンジを変えて4コーラス演奏している。
1929年作曲という古い曲。ジャンゴ・ラインハルトなども演奏していた。ジャンゴのトリビュート・アルバムで聴いてとても気に入った曲。
アール・クルーのソロギターのアレンジをベースにバリトン・ウクレレで演奏している。
Real Player Cloud動画へリンク
Have You Never Been Mellow
Puff(The Magic Dragon)
銀河鉄道999
ゴダイゴによる映画版銀河鉄道999のテーマソング。転調が特徴的な名曲。原曲通りの派手さは出せないので、
逆にアルペジオを使ってしっとりとした演奏にしてみた。サビの高音もこれなら弾きやすいと思う。
I'm Confessin'
Reality (from La Boom)
Winnie The Pooh
Luka
ソフィー・マルソーのデビュー作であるフランス映画「La Boom」のテーマ曲。
甘くノスタルジックなメロディが、初々しく可愛かったソフィー・マルソーの雰囲気にぴったりでヒットした。
今でも意外に有線などで耳にする。フランス映画なのになぜか英語の歌詞がついている。
音域が狭いのでウクレレでも比較的易しく弾くことができる
YELL
いきものがかりの曲。生徒さんからのリクエストでアレンジしました。
サビの譜割りがインストで演奏するにはやや難しい曲です。
有名なジャズ・スタンダード・ナンバー。
“All Of Me”私のすべてをなぜ奪ってくれなかったの?あなたがいない今、もう唇も腕もなんの役にもたたない…。
明るい曲調ですが、内容はそういった失恋の歌です。
Copy Rights Ukulele Lessons Class Hilo