人差し指を指先から指の付け根までまっすぐに伸ばします。指を伸ばすことですべての弦に均等に力をかけることができます。手の甲が正面から見えるように手首をネックの下側に少し押し出すようにします。
Ukulele Lessons Class Hilo
ウクレレレッスン「クラスヒロ」
東京都港区芝大門2-1-13 TSビル3F

03-3436-2440
info@classhilo.com
●チューニング
●ウクレレの持ち方とダウンストローク
●コードの押さえ方とダイアグラムの見方
●単音の弾き方とTAB譜の見方
●セーハの押さえ方
浜松町・大門・芝公園のウクレレ教室「クラス ヒロ」のホームページ
HPミニレッスン
ナットの調整には“ナットファイル”という専用のヤスリを使います。生徒さんのウクレレで調整の必要なものは、時間のあるときにやってあげています。もちろん無料ですよ。
ナットの溝を適正に調整すると1フレットのセーハがとても楽になります。写真のウクレレもナットの溝を調整しています。溝を深くしすぎると、開放弦を弾いたとき弦がフレットに当たってノイズが出てしまうので、なかなか難しい調整です。
ヘッドのところで弦を止めている白い部品をナットといいます。弦を止めている溝が浅いと弦とフレットの間があきすぎて、弦を押さえるのに力が必要になります。そのためセーハの音が出にくくなってしまいます。その場合はナットの溝を削り調整します。
<ナットの調整が必要な場合があります>
親指をネックの上側に当てて突っ張ってしまっている。3弦、4弦には力がかかるが1弦、2弦にはあまり力がかからず音が出にくくなります。手首を自分の方へ引っ張る力で抑えようとすると力のロスが大きく、コードチェンジもしにくくなります。
<正しいフォーム>
アクセス
レッスン開始までの流れ
レッスン料&時間
レッスンのコンセプト
クラス ヒロについて
<良くないフォーム>
人差し指を伸ばして4本の弦を全て抑えることをセーハ(ceja)といいます。
セーハはよほどの例外でないかぎり、必ず人差し指を使います。
初心者にとって難しく感じるのがセーハを使ったコードフォームです。
きれいに音を出すためには正しいフォームで押さえることが大切です。
<セーハの押さえ方> 
<チューニング> <ウクレレの持ち方とダウンストローク> <コードの押さえ方とダイアグラムの見方> <単音の弾き方とTAB譜の見方>
親指は2弦の真裏の位置(ネックの下側)にあてがいます。手首はネックの下側になるよう少し前に押し出すようにします。人差し指と親指で挟む力だけで弦を押さえます。手首を自分の方へ引っ張る力で押さえてはいけません。親指をネックの下側に当てることで、音が出にくい2弦の音が出やすくなると同時にネックが下に落ちず安定します。
人差し指が第2関節のところで大きく曲がっています。指が曲がると関節部分に隙間ができて各弦に均等に力がかからず、音がならない弦が出てきてしまいます。手首を自分の方へ引いてしまっているので手の甲があまり見えません。
TOP > HPミニレッスン

Copy Rights Ukulele Lessons Class Hilo
レッスン生大募集中!
お電話でのお問合せ 03-3436-2440
メールでのお問合せ info@classhilo.com