1)小指・薬指でウクレレを支え親指を3弦にあてがいます
2)親指をまっすぐのばしたままストンと落とし、下の弦(2弦)に当てて止めます
×悪い例)親指の間接をまげて弾かない
ド=C(3弦開放/何も押さえない)
レ=D(3弦2フレット/中指)
浜松町・大門・芝公園のウクレレ教室「クラス ヒロ」のホームページ
Ukulele Lessons Class Hilo
ウクレレレッスン「クラスヒロ」
東京都港区芝大門2-1-13 TSビル3F

03-3436-2440
info@classhilo.com
アクセス
レッスン開始までの流れ
レッスン料&時間
レッスンのコンセプト
クラス ヒロについて
単音の弾き方とTAB譜の見方
<ドレミファソラシドを弾いてみよう>
それでは、ドレミファソラシドを弾いてみましょう。ギターやウクレレでは
ド=C  レ=D  ミ=E  ファ=F  ソ=G  ラ=A  シ=B  ド=C
とアルファベットで表記します。1音ずつ運指をダイアグラムと写真で説明します。
HPミニレッスン
<単音の弾き方>
単音(コードではないひとつの音)を弾くときは、ストロークのときとは右手の使い方が異なります。ストロークでは人差し指で弾きましたが、今度は親指を使って弾きます。では、3弦の開放(なにも押さえない)を鳴らしてみましょう。まず、右手の小指と薬指でウクレレを支えます。そして、3弦に親指をあてがいます。親指は力を入れずにまっすぐ伸ばし、そのまま関節を曲げずに“ストン”と落として弾きます。このとき、弾いた弦のすぐ下の弦に親指を当てて止めるようにします。
<同じ弦を2本の指で押さえたら?〜弦楽器の原理〜>
運指の説明で同じ弦を2本の指で押さえるところがありました。このような運指は弦楽器の基本です。ピアノなら2本の指で二つの鍵盤を押さえれば2つ音が鳴ってしまいます。でも弦楽器は同じ弦を2本の指で押さえて弾いても2つの音は鳴りません。ここで弦楽器の構造を説明しておきます。ウクレレはフレットを押さえて弾くことで音程が変りますが、これは押さえたフレットで弦の振動を止めて、振動する弦の長さを短くしているのです。振動する弦の長さが短くなれば音程は高くなり、長くなれば音程は低くなります。押さえたフレットで振動が止まるということは、そのフレットからナットまでの弦は振動=音とは無関係ということです



ラ=A(1弦開放/何も押さえない)
ソ=G(2弦3フレット/薬指)
※人差し指はそのまま
TOP > HPミニレッスン
<運指の原則>
使う指には原則的な決まりがあります。それは“隣のフレットは隣の指で”ということ。
1フレットを人差し指が担当して、隣の2フレットは中指、その隣の3フレットは薬指が担当します。
ソの音を弾くときは前に弾いたファの人差し指を、最後のドを弾くときは前に弾いたシの中指を残して
1本の弦を2本の指で押さえるようにします。

今度はTAB譜で8つの音を続けて弾いてみましょう。
TAB数字が書いてある線(弦)だけを弾くようにします。


シ=B(1弦2フレット/中指)
ド=C(1弦3フレット/薬指)
※中指はそのまま
ミ=E(2弦開放/何も押さえない)
ファ=F(2弦1フレット/人差し指)
<TAB譜の見方>
コードの押え方の表記法でダイアグラムの説明をしましたが、TAB譜も同様に横線はウクレレの弦を示しています。弦を示す横線は構えたときの感覚とは上下が逆になっているのもダイアグラムと同じです。違うのは黒丸のかわりに押さえるフレットを数字で表記している点です。上で説明したドレミファソラシドをTAB譜で表記すると左のようになります。
Copy Rights Ukulele Lessons Class Hilo
●チューニング
●ウクレレの持ち方とダウンストローク
●コードの押さえ方とダイアグラムの見方
●単音の弾き方とTAB譜の見方
●セーハの押さえ方
レッスン生大募集中!
お電話でのお問合せ 03-3436-2440
メールでのお問合せ info@classhilo.com
<セーハの押さえ方>
<チューニング> <ウクレレの持ち方とダウンストローク> <コードの押さえ方とダイアグラムの見方> <単音の弾き方とTAB譜の見方>